MENU
CLOSE

BRAND 取り扱いブランド

iruka

ABOUT

変身。走る、待つ、歩く、眠る。

irukaはシーンに合わせて姿を変える、東京発の「モバイル変身自転車」です。

 

創業者の小林正樹氏は前職の在職中に自転車通勤を始めたことをきっかけに「世界一イケてる折りたたみ自転車をつくる」というアイデアに取りつかれ、自転車業界経験ゼロの状態から株式会社イルカを創業し、irukaの開発を始めました。

 

その開発難易度の高さと小林氏の妥協を許さない姿勢からプロジェクトは容易には進みませんでしたが、10年の年月をかけて9世代の試作車が作られた後、2019年についに発売に至りました。

 

ソムリエナイフ(折りたたみ式のワインオープナー)から着想を得た独創的なフレーム構造によって、走行性能と携行性能をかつてない高いレベルで両立した一台です。

irukaはシーンに合わせて4つのモードにすばやく変身

走行・駐輪・運搬・収納、4つのモードにすばやく変身。
オーナーの移動能力を大きく拡張します。

【ランモード】
自転車の背骨にあたるトップチューブ上に折りたたみヒンジがない高剛性フレーム構造と、シマノ製内装8段ギアAlfine 8Sなどの的確なパーツチョイスが実現する、驚きの走行パフォーマンスを体感してください。

【ウェイトモード】
後輪を折りたたむと自立して全長がおよそ3分の2に。
オーナーに駐輪場所を探す手間をとらせません。

【ウォークモード】
車輪が並行かつ同軸上に折りたたまれることで、サドルを持ち手としてキャリーカートのように転がして運ぶことができます。

【スリープモード】
折りたたみサイズはW78 x H48 xD35cm、縦横比が黄金比にほぼ等しい美しい直方体の折りたたみ形状はデスクの下や車のトランクなどどこにでもすっぽりフィット。
縦に立てれば新幹線で足の間に置いて自席で運ぶことができます。

irukaの活躍の場を広げる充実のオプション

カート兼用コンパクトトレーラー「iruCart」

着脱式吊り下げ型リアキャリア「iruCarry」

着脱式バッグホルダー「iruCatch」

続々と増えるirukaオーナー”フリッパー”の声
iruka

株式会社イルカ

創業者/代表取締役 小林正樹

私は創業者として思いが強くひとつには絞れないため、かわりにフリッパー(irukaオーナーの総称)の方々の言葉をいくつか紹介します。

 

「自転車のMacですね」
Appleの社員だという方が、irukaのミニマルで機能的な美しさと、フレームの表面加工がMacと同じ酸化皮膜処理であることを評しておっしゃった言葉です。

 

「軽い自転車ですね」
irukaは決して車体重量の軽さが売りの自転車ではありませんが、フレームとハンドルポストの剛性の高さに起因するペダリングの軽やかさに驚いて、軽い自転車だと感じる方が多いようです。

 

「美しすぎてひとめぼれです」
高機能であるだけでなく感情を揺り動かす製品を作りたいと考える私にとって、こう言っていただけるのは最高の喜びです。

irukaモデル一覧