MENU
CLOSE

BRAND 取り扱いブランド

BRUNO

ABOUT

旅を楽しむサイクルメーカー -BRUNO-

2004年にブルーノ・ダルシーとダイアテック・プロダクツが【日常にワクワク】をテーマにスイスと日本の共同開発でスタート。スイスを代表するロード・シクロクロス選手であったブルーノは、選手引退後、数々のヨーロッパメーカーの自転車開発に関わる。そんな彼の経験とノウハウ、そしてダイアテックプロダクツの自転車をもっと色々な人に楽しんでもらいたいという気持ちから生まれました。

日常に「旅」を。

1つの「旅」と言っても、1時間、1日、1泊、1週間、1ヶ月・・・ 旅の捉え方は人それぞれ。
通勤時間や、買い物に行くちょっとした時間にもワクワクを見つけるチャレンジをすれば
もう立派な「旅」です。
さらにその「旅」を深めて、1ヶ月以上の長旅で発見した新たな自分。

 

BRUNOは、人生の中にワクワクを見つける道具として、ぜひ相棒に選んで頂きたい自転車です。
それぞれの「旅」に合わせた「道具」としての自転車のラインナップ。
あなたの「旅」を見つけてみませんか。

 

初めて訪れる町や景色の中で、その土地を感じるには、自転車のスピード感がちょうどいい。
徒歩ではフィールドが狭すぎ、車では目的地が点と点になってしまいます。
BRUNOはそんな土地の魅力を発見するのに最適な道具です。
そんな見知らぬ土地を目指して、自走で遠くまで走る旅もあれば、輪行でフィールドを広げたり、車に積んで出かけてみたりする旅もあります。

 

BRUNOは「旅」の大きさ、時間、方法によってさまざまなラインナップをご用意しています。

ブランド&メーカー担当者からの一押しポイント!
BRUNO

ダイアテック株式会社 

BRUNO担当
BRUNOは「旅」をテーマにしています。

BRUNOはミニベロのジオメトリーを追求していて、フラフラしない安定感、曲がりたい方向に目を向けるとすっとコーナリングができるハンドリング、興味がある場所に立ち止まりストップアンドゴーしやすいペダリングなど、乗り込んでいくうちにそのいろいろな良さに気づいて頂けると思います。そして長く使い込んでいけばいくほど味のある道具として魅力が増すシームレスのスチールのパイプを使用するなど見えないところにいろいろとこだわりがつまっています。自走や輪行でフィールドを広げて楽しむもよし、キャンピングカーに乗せて旅先でさらにフィールドを広げるのもよし、あなた「旅」の相棒として育ててみてください。

BRUNO展示・在庫モデル一覧