MENU
CLOSE

STAFF BLOG スタッフブログ

2019/05/15

Tartaruga で楽しむ「野点」(のだて) のすすめ④

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.
Tartaruga Type SPORTで行く旅は、そのこと自体が、とても楽しいものです。
時間に縛られることもなく、色々な事から解き放たれて、勝手気ままにその時の気持ちのままにコースを決めペダルを漕げば、前へ前へと進んでいきます。
そんな気ままな旅に、Type SPORTの持つ積載性を活かして、ちょっとしたコーヒーを入れる(点てる!)為の道具を持参すれば、Type SPORTで行く旅は、更なる楽しさとリラックスした時間をももたらしてくれます。
さあ、あなたもコーヒーを点てる道具をパニアバックに詰め込めこんで、自分達だけの至福の時間と冒険の旅に出かけましょう。
至福のコーヒーブレーク

お湯さえ沸かせれば、後はマグカップとインスタントコーヒーがあれば、いつでもどこでもオープンエアーな自分達だけのカフェが楽しめます。

でも、そこはせっかくの特別な時間です。
是非、コーヒー豆を挽くところから始めて、挽き立ての豆を使った本格的なドリップコーヒーを楽しみましょう。
お湯を注ぐと、モコモコと膨らむコーヒー豆の香りが、至福の時間を更に盛り上げてくれます。
そしてなにより、美味しコーヒーがいただけます!

パニアバッグに詰め込んだ、コーヒー野点(のだて)道具
– アウトドア用の携帯型ストーブ(小型コンロ)
最近はカセットコンロ用のガス使用で、火力の強いストーブが有り、こちらがおすすめです。)
– ストーブ用のガス
(カセットコンロ用のガスなら、多くのコンビニでも入手可能です。)
– ケトル
(より美味しいコーヒーを入れるためには、注ぎ口の細いコーヒー用ケトルがおすすめです。)
– コーヒードリッパー
(折畳めるタイプだとコンパクトになります。)
– コーヒーミル
– ペーパーフィルター
– コーヒー豆
– 人数分のマグカップ
– 水
– 小さ目のマット
小さなマットを広げて、ストーブにガスをセットすれば、自分達だけのカフェがOPEN!
水は、現地調達
最も重量のかさばる水は、現地調達しましょう。
いたるところに点在するコンビニエンスストア―で、大きめのボトルを入手するか、自動販売機での購入も可能です。また、日本は世界でも稀有な、きれいな水の国です。
想像以上にいたるところで、飲用可能な清流や湧水が湧き出ています。
飲用可能な清流や湧水のポイントを、事前にしっかり調べておけば、旅先で入手した汲み立ての湧水をつかって、コーヒーを点てることも、そう難しくありません。注記:水を現地調達する場合でも、汲み取るための容器は忘れず持参しましょう。
パニアバック(スポーツローラークラシック)には、2Lのペットボトルが縦にスッポリ入り、他の道具と一緒にパッキングできます。

豆も現地調達
同じくコーヒー豆も、旅先に自家焙煎をされているコーヒーショップが有れば、現地調達するのもおすすめです。
その街でしか入手できない、ご当地ブレンドも数多く存在するので、事前にしっかりと調べてお試しください。焙煎して間もない豆を、その場で挽いて点てるコーヒーは、さらに格別です。
ゴミは、しっかりと持ち帰る
至福の時間を過ごしたら、後片付けも忘れずに!
キッチン用のジップロックタイプのバッグを持参すれば、コーヒー抽出後の湿ったペーパーフィルターも、問題なくパニアバッグに詰め込めます。
Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.